header image

NEWS

12/20、mercari R4D主催セミナー「アクセシビリティ・インクルーシブデザインセミナー〜これからの社会にとっての『いいデザイン・体験』について考える〜」のお知らせ

December 01, 2021

mercari R4Dは、HCI研究領域の第一線で活躍されているシンガポールマネジメント大学・原先生をお招きし、mercari R4Dのリサーチャー・Bekturとともに、 「アクセシビリティ・インクルーシブデザインセミナー〜これからの社会にとっての『いいデザイン・体験』について考える〜」 を開催いたします。

※本イベントは日英同時通訳付きです

セミナー概要

  • 日時
    • 2021年12月20日(月) 15:00-17:00
  • 場所
    • オンライン ※Zoomにて開催
  • タイムスケジュール
    • 15:00-15:05 開場、オープニング
    • 15:05-15:35 講演① 原先生「アクセシビリティ向上のためのオンラインコラボレーション」
    • 15:35-16:05 講演② Bektur「スマートフォンのC2Cショッピング体験におけるインクルーシブデザイン」
    • 16:05-16:45 パネルディスカッション
    • 16:45-16:55 質疑応答
    • 16:55-17:00 クロージング
  • 申し込み方法
    • こちらからお申し込みください。

登壇者プロフィール

原航太郎 / シンガポールマネジメント大学 原航太郎

2017年11月よりシンガポールマネジメント大学にて助教として勤務。2016年に米国、メリーランド大学カレッジパーク校にて博士号(コンピュータ科学)を取得。2016年9月から2017年9月までカーネギーメロン大学にてポストドクトラルフェロー。

Bektur Ryskeldiev / mercari R4Dシニアリサーチャー Bektur Ryskeldiev

キルギス出身。学際的研究に従事する傍ら、空間・ソーシャルコンピューティング、ヒューマン・コンピュータ・インタラクション、イマーシブメディア、コンピュテーショナルデザイン、デジタルアートなどのクリエイティブな活動に技術者として注力。メルカリR4Dにおいてシニアリサーチャーを務めるほか、SIGGRAPHの運営、教育、コンテンツ作成を長期にわたり担う。

mercari R4Dについて

「mercari R4D」は2017年12月に設立した、社会実装を目的とした研究開発組織です。R4Dは、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味します。

「テクノロジーの力で価値交換のあり方を変えていく」をコアコンセプトに、メルカリグループのサービスや事業における将来的なイノベーション創出を目指し、AI、ブロックチェーン、HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)、量子コンピューティング、モビリティ等の研究開発を行っています。

研究に関するお問い合わせは、R4D Web内コンタクトページよりお願いいたします。

TOP
mercari R4D