永山 翔太

Senior Researcher

Profile

専門は量子インターネット。特に、量子エラー訂正符号および量子インターネットアーキテクチャ・通信プロトコル。 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科サイバーインフォマティクス専攻在学中にはインターネットの研究室で量子情報に取り組み、2017年に博士(政策・メディア)を取得。 在学中に、日本学術振興会特別研究員、慶應義塾大学環境情報学部非常勤講師、WIDEプロジェクト量子計算ワーキンググループCo-chair。 博士号取得後、エトヴェシュ・ロラーンド大学ニューラル情報処理グループで客員研究員として機械学習に取り組んだのち、2018年4月より現職。 現職中に2018年度未踏ターゲット事業(ゲート式量子コンピュータ部門)に採択され「分散量子計算プラットフォーム」プロジェクトを実施。 現在、量子インターネットタスクフォースファウンダー兼ボードメンバー兼代表、内閣官房内閣サイバーセキュリティセンター研究・産学官連携戦略ワーキンググループ委員、 情報処理学会量子ソフトウェア研究会運営委員を兼任。