Who we are

mercari R4Dは、アカデミックな観点から「これからのマーケットプレイスのあり方」を研究し、社会実装を通じてお客さまに新たな価値を届けることを目的とする研究開発組織です。

研究開発(Research and Development)にとどまらず、未来の社会に実装される(Deployment)ことを想定したデザイン(Design)を行い、ときには既存概念や技術を破壊しながら(Disruption)、新しいものを生み出すことを目指しています。

logo-image

Research & Projects

mercari R4Dでは、幅広い研究テーマを取り扱っています。

research and projects

Our assets

組織体制

mercari R4Dは、研究者がより研究開発に専任できる環境にするために、「R&D」と「本部組織」の2つのSectionを設けました。「R&D」では、研究開発やその成果の社会実装を行っています。「本部組織」では、メルカリの技術革新が社会から信頼を得るための基盤をつくるために活動をしています。

organizational structure

Head of Research(所長)

2022年4月に、R4Dに関わる研究開発戦略の立案・推進および新規連携先の開拓をリードするHead of Research(所長)を設置。研究開発の推進体制を強化し、社会実装のさらなる加速を目指します。

研究開発アドバイザリーボード

研究開発アドバイザリーボードは、社外有識者が研究開発に関する助言・提言を行う組織として、研究開発における意思決定プロセスの強化を目的に2019年9月に設置されました。研究開発アドバイザリーボードでは、R4D内の研究テーマに対する第三者視点のフラットな立場でのフィードバックや、今後のR4Dの体制等についての検討が行われています。

研究開発倫理審査委員会

mercari R4Dは、研究開発活動を中長期的に捉え、研究成果を社会実装することまでを射程においたとき、倫理性や社会性に配慮することが不可欠だと考えています。研究倫理指針に基づいた審議を経てから研究開発を行う仕組みをつくるため、「研究開発倫理審査委員会」を設置しています。

変革

  • 2019年
    「研究倫理指針」と「研究倫理審査委員会規程」を制定
  • 2019年
    「研究開発倫理審査委員会」の設立
  • 2020年
    大阪大学社会技術共創研究センター (以下、ELSIセンター)と、ELSI(Ethical, Legal and Social Issues)に関する共同研究に着手
  • 2020/09~2021/03
    研究開発活動を対象とした倫理指針の改定と倫理審査委員や研究者を対象とした研修の開発・実施
  • 2021年6月
    研究開発倫理指針を改定
企業・報道関係者の方

企業・報道関係者の方

プレスリリースや記事の使用、コラボレーションなどのお問い合わせはこちら
研究機関の方

研究機関の方

R4D は共同研究やコラボレーションなどにも積極的に取り組んでいます。ご質問等お気軽にお問い合わせください。
TOP
mercari R4D