メルカリR4D、宇宙分野のテクノロジー開発に着手

メルカリR4D、宇宙分野のテクノロジー開発に着手

SHARE

株式会社メルカリの社会実装を目的とした研究組織 「mercari R4D(注1)」は、経済産業省の「平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業(注2)」の核となるアライアンス「xData Alliance」に参画し、宇宙分野の研究開発およびテクノロジー開発投資を開始します。

宇宙産業(注3)は、2016年に世界市場約38兆円(3391億ドル)成長率3.1%の規模となり、2018年の世界経済成長率3.9%(国際通貨基金IMF2018年発表)に匹敵する成長産業で、通信・放送/測位/リモートセンシング・地球観測など、宇宙技術の活用は様々な分野で進展しています。
我が国は、衛星・ロケット製造から打上げサービスまで一貫して宇宙産業を行っている世界的にも数少ない国であり、政府は「宇宙産業ビジョン2030」にて、宇宙産業を第4次産業革命進展の駆動力と位置づけ、宇宙利用の産業創出に向けた取り組みを発表しました。宇宙産業は、今後益々の潜在的なポテンシャルをもつ市場として期待されています。

しかし、日本の宇宙産業市場は約1.2兆円(世界の3%)規模にとどまり、専門性や継続性の課題から、非宇宙系企業による衛星データ利用ビジネス提供者が未だ少なく、欧米ほどの宇宙利用ビジネスが展開されていない状況です。

mercari R4Dは、「xData Alliance」への参画を通じ、非宇宙系企業のアントレプレナーとして、衛星データ利用のビジネス化を図る社会実装を推進することで、我が国の宇宙産業の成長・拡大に貢献し、新たな価値を持つインフラの創出に挑戦します。
メルカリは、社会の公器としての責任に真髄に向き合いながら、スピーディーな研究開発と社会実装を進め、日本を代表するテックカンパニーを目指します。

xData Allianceは、政府衛星データプラットフォームの開発と利用促進を目的として、様々な事業者・研究機関・団体で構成されたアライアンスです。各組織の知見を生かし、プラットフォームの開発に貢献するとともに、政府衛星データと組み合せる様々な地上空間データの収集などを実施していく予定です。

注1:mercari R4D
mercari R4D は、調査(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味し、既存のR&Dの領域を超え、社会実装を目的とした研究組織です。

注2:平成30年度政府衛星データのオープン&フリー化及びデータ利用環境整備事業
宇宙利用産業の振興に向け、産業利用が限定的となっている衛星データのオープン&フリー化および、衛星データの加工や解析の課題(専門性、コスト等)の対応策として、経済産業省が進める事業です。

注3:宇宙産業
Satellite Industry Association「2017 SIA STATE OF SATELLITE INDUSTRY REPORT」より、日本円の表示は2018年7月為替レートをもとに算出しています。