NEWS

mercari R4Dと東大が取り組む、空気でふくらみ、持ち運べるモビリティ「poimo」

mobility
May 21, 2020

空気でふくらみ、持ち運べる?「poimo」とは

スクーター型poimoの写真

R4Dでは、東京大学 川原研究室・新山研究室との共同研究で、空気でふくらませることができるパーソナルモビリティ「poimo(ポイモ)」の開発を行っています。

「POrtable and Inflatable MObility」から名付けられた「poimo」。その名の通り、空気で膨らむため、人が持ち運べるほど軽く、また車体の柔らかさによる高い安全性が特徴です。パーソナルモビリティとソフトロボティクスの技術を組み合わせた、新しい電動モビリティであるpoimoは、そのポータビリティを活かし、公共交通機関と目的地をシームレスにつなぐ、ファーストマイル・ラストマイルモビリティとなることが期待されています。

従来の電動スクーターは重く、有線、剛体、そして決まった形状でしたが、poimoは持ち運べる、無線、変形する、カスマイズできるという特徴があります。研究領域としてはソフトロボティクス、無線給電、HCI、ファブリケーションといった分野です。

本プロジェクトは2019年1月より東京大学とメルカリR4Dの共同で研究を開始しました。メルカリR4Dからはリサーチャーの山村が研究に参加し、日々poimoの改良や実験を行っています。

世界各国のメディアから注目を集めるpoimo

先日、電気・情報工学分野の学術研究団体であるIEEEが運営するウェブサイト、IEEE Spectrumにpoimoが掲載されました。

IEEE Spectrumの掲載後、イギリスBBCのウェブサイトでも取り上げられ、イギリスでの電動スクーター事情とともにpoimoの躯体特徴が解説されました。

その他、Dezeenというイギリスのデザイン・建築のウェブマガジン、US Gizmodo、イギリスタブロイド紙のDailymailなどでもpoimoが取り上げられています。

椅子型poimoの写真

今後のpoimoの発展について

この1年間、研究を進めてきたpoimo。今後のさらなる発展のために、

  1. 走行性能や利便性といった技術課題の解決
  2. poimoのニーズ検証・コンセプト検証
  3. COVID-19による非接触型配送の需要高まりを受け、自動運転・追従運転によるラストマイル物流の配送実証

といったテーマで研究を行っていきます。世界から注目の集まるpoimoが、街の中で活躍できるよう、引き続き研究開発や実証実験を進めていきます。

問い合わせ

本プロジェクトに関する問い合わせは、下記メールアドレスまでご連絡ください。
r4d[at]mercari.com ※ご連絡の際は[at]を@にご変更ください。

関連ページ

関連記事