NEWS

メルカリR4Dと東大で作る「価値交換工学」の設置記者会見を実施いたしました

none
February 27, 2020

メルカリR4Dと東大で「価値交換工学」を設立

メルカリの研究開発組織「mercari R4D」は、東京大学インクルーシブ工学連携研究機構(略称:RIISE)と共同で、社会連携研究部門「価値交換工学」を設置いたしました。

東京大学RIISEは、大学院工学系研究科をはじめとする6部局により2019年10月1日に設立された連携研究機構で、民間企業等との社会連携を通じて、インクルーシブ(包摂的)な社会を実現するための教育・研究に取り組んでいます。

今回、「価値交換」に関わるテクノロジーを、既存の学問の枠に囚われることなく幅広く研究することで、世界中の人々がフェアでスムーズな価値交換を行うことが可能な社会の実現を目指し、研究課題に取り組んでいきます。

「価値交換工学」設立記者会見を実施

本研究部門の設置にあたって、2月19日、東京大学本郷キャンパスにて、記者会見が執り行われました。

登壇者は東京大学・五神真総長、同じく東京大学・RIISE機構長の川原圭博先生、そしてメルカリ代表取締役CEOの山田進太郎の3名。

2020年1月1日から2024年12月31日までの5年間の計画で設置された本連携研究部門では、共同研究費として10億円をコミットします。

またあらためて、本研究部門の特任研究員の公募もアナウンスされました。

今回の東京大学との社会連携を通じ「価値交換」を学術的に研究し、基礎技術を確立するとともに次世代の人材育成をより活発化させることで、学術の推進および社会の発展に寄与することを目的としています。R4Dは今後も未来を見据えた先端技術領域に投資してまいります。

これから本格的に始動していく「価値交換工学」。またいろいろなアップデートをR4DWebでもお届けしたいと思います。

記者会見の様子

記者会見の画像

記者会見の画像

記者会見の画像