PROJECT

POIMO

ポイモ

Objective

メルカリの目指す循環型社会を実現するには、移動に関わるテクノロジーが重要になります。また近年、新たな移動の概念としてMaaS(Mobility as a Service)が提案され様々なサービスが生まれており、ラストマイルモビリティに注目が集まっています。このような背景からR4Dでは安価にボディデザインの変更ができ、人・商品の移動どちらにも使える電動モビリティpoimoの研究開発に取り組んでいます。 poimoのインフレータブル構造のボディは、金属や樹脂といったこれまでのモビリティのボディ素材より軽く、移動に伴うエネルギー消費を減らし衝突安全性を高めることができます。poimoはメルカリに限らず人・商品のラストマイルの移動を担い、循環型社会、環境負荷低減へ貢献することを目標に社会実装に向けて実証実験に取り組んでいます。
※poimoは株式会社メルカリの登録商標です。

Overview

poimoは、mercari R4Dと東京大学大学院工学系研究科川原研究室との共同研究で生まれた、インフレータブル構造(空気圧により膨らむ風船構造)で作られた新しい電動モビリティです。現在はR4Dで研究と並行して社会実装に向けた改良を進めています。 ボディにインフレータブル構造を採用することで乗り心地を空気の量で変更できると共に、モビリティとして十分な大きさと収納性を兼ね備えています。普段はボディを小さくたたんでおき、必要な時に膨らませるという、これまでにない使い方が可能です。また布地を切り抜いて自由な形で製作できるため、カスタムメイドに適しています。 ボディのカスタマイズ性を活かし、普段や旅行先での移動に使うだけでなく、軽量な車椅子として使う、荷物の搬送に使うなど生活に寄り添ったインクルーシブなモビリティになることを目指しています。またソフトセンサを用いた誰でも使える操作インターフェースの研究も東京大学筧研究室と進めています。

Related Videos

INT032: Soft yet Strong Inflatable Structures for a Foldable and Portable Mobility
poimo: Portable and Inflatable Mobility Devices Customizable for Personal Physical Characteristics
foamin: A Deformable Sensor for Multimodal Inputs Based on Conductive Foam with a Single Wire
Design of 3D-Printed Soft Sensors for Wire Management and Customized Softness

1

3

2

5

関連記事

Publications

A Deformable Sensor for Multi-Modal Inputs Based on Conductive Foam with a Single Wire.

Published: K. Watanabe, R. Yamamura, and Y. Kakehi. Extended Abstracts of the 2021 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI EA’21). Association for Computing Machinery, Yokohama, Japan.
Publication year: 2021

Effect of Body Materials on Transmission Efficiency and Resonant Frequency in Wirelessly Powered Personal Mobility Devices.

Published: H. Hayashi, K. Hata, T. Sasatani, H. Sato, R. Yamamura, Y. Seong, R. Niiyama, and Y. Kawahara. IEEE WPTC 2020. Association for Computing Machinery, Soul, Korea.
Publication year: 2020

Soft yet Strong Inflatable Structures for a Foldable and Portable Mobility.

Published: Hiroki Sato, Young ah Seong, Ryosuke Yamamura, Hiromasa Hayashi, Katsuhiro Hata, Hisato Ogata, Ryuma Niiyama, and Yoshihiro Kawahara. In Extended Abstracts of the 2020 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI EA ’20). Association for Computing Machinery, New York, NY, USA, 1–4.
Publication year: 2020

Portable and Inflatable Mobility Devices Customizable for Personal Physical Characteristics.

Published: R. Niiyama, H. Sato, K. Tsujimura, K. Narumi, Y. A. Seong, R. Yamamura, Y. Kakehi, and Y. Kawahara. Proceedings of the 33rd Annual ACM Symposium on User Interface Software and Technology (UIST’20). Association for Computing Machinery, pp. 912–923, Virtual (previously Minneapolis, US).
Publication year: 2020

電動パーソナルモビリティのシェアリング事業に向けた無線充電システムのシミュレーションによる解析

Published: 林寛将,笹谷拓也,畑勝裕,山村亮介,川原圭博. マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2020) シンポジウム. Association for Computing Machinery, 4A-2, pp.520-525.
Publication year: 2020

電動パーソナルモビリティのシェアリング事業に向けた無線充電システムの導入とインセンティブスキームに関する検討

Published: 林寛将,笹谷拓也,畑勝裕,山村亮介,川原圭博. 情報処理学会全国大会 2021. Association for Computing Machinery, 2T-03.
Publication year: 2021

TOP
mercari R4D