header image

NEWS

フリマアプリ「メルカリ」の出品データを大学等へ無償で提供開始〜二次流通市場における消費者の行動・心理分析の研究などを通じて、循環型社会実現への貢献を目指す〜

August 31, 2022

株式会社メルカリ(以下:メルカリ)の研究開発組織 「mercari R4D」(以下、R4D)と大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(以下、NII)は、2022年9月1日よりNIIの事業である「情報学研究データリポジトリ(IDR:Informatics Research Data Repository)」を通じて、大学等の公的な研究機関(学術研究機関)向けにフリマアプリ「メルカリ」の出品データ(以下、メルカリデータセット)の無償提供を開始します。

昨今、個人の生活の質の向上や社会課題を解決する上で、データの利活用を進めることの重要性が高まっています。アカデミアでは、AIやビッグデータなどの研究領域を中心に、データを活用した研究活動が活発化してきています。このような研究の現場では、現実社会で活用可能な研究成果を創出するために、実データを利用したいというニーズが高くあります。

メルカリは月間利用者2,040万人のフリマアプリ「メルカリ」上の出品情報、写真、コメントなど、CtoC(個人間取引)の二次流通市場における大規模なデータを持っています。R4Dでは、こうした実際のデータを個人情報保護法を遵守しプライバシーに配慮したうえで、NIIと連携して研究目的で学術研究機関向けにデータセットとして提供することにしました。これにより、産学連携の促進、新たな研究コミュニティの創出、人材育成などに貢献できることを期待しています。

今回提供する「メルカリデータセット」は、2020年1月〜12月の期間にフリマアプリ「メルカリ」に出品された商品に関する情報です。本メルカリデータセットに含まれる情報は「メルカリ」のサイト上に公開された情報に限られます。また、本メルカリデータセットの利用は、学術研究目的に限っており、利用申請に基づく審査を経て許可をした大学および公的研究機関にのみ、IDRを通じて提供いたします。メルカリデータセットの概要は以下のとおりです。なお、本メルカリデータセットは随時更新してまいります。

メルカリデータセット概要

  • 期間:2020年1月〜12月
  • 内容:
    • 出品された商品情報(テキストデータ・画像データ)
    • コメント情報※(テキストデータ)

※コメント情報は、購入前にお客さま同士でやりとりできる情報であり、アプリ上で誰でも閲覧が可能なものに限定されます。

image

メルカリデータセットの活用により、CtoCでの取引過程における消費者の行動・心理分析や、中古品の価値分析、二次流通市場の特性分析など、循環型社会の実現に向けた幅広い研究への活用が期待できます。

R4Dは今後も連携し、データ活用の促進や産学連携推進、継続的な人材育成等を通じて、研究コミュニティ全体に貢献してまいります。

mercari R4Dについて

「mercari R4D」は2017年12月に設立した、社会実装を目的とした研究開発組織です。R4Dは、研究(Research)と4つのD、設計(Design)・開発(Development)・実装(Deployment)・破壊(Disruption)を意味します。

「テクノロジーの力で価値交換のあり方を変えていく」をコアコンセプトに、メルカリグループのサービスや事業における将来的なイノベーション創出を目指し、AI、ブロックチェーン、HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)、量子コンピューティング、モビリティ等の研究開発を行っています。

研究に関するお問い合わせは、R4D Web内コンタクトページよりお願いいたします。

TOP
mercari R4D